グレーヘア移行期1年後|グレーヘアを生かすヘアマニキュア

 大人の髪|グレーヘアを生かしたまま、ほんのり色味が欲しい人のヘアマニキュア

今回は、1年3ヶ月ほど前にアルカリヘアカラーでの白髪染めを卒業してグレーヘア移行期を過ごされたお客様の2020年10月末現在の様子をリポートします。

グレーヘアの移行期は実際にどのようなものなのかご紹介したいと思います。
(I様、写真撮影と掲載にご協力いただきお礼申し上げます)

1年3ヶ月前(2019年7月撮影)グレーヘア移行期2〜3ヶ月の頃のようす

こちらのお客様は、一年3ヶ月前からアルカリカラーでのヘアカラーをやめて、グレーヘアに移行していきたい、というご計画でした。カラーをやめて2〜3ヶ月位の時期にご来店されたときの状態です。グレーヘア目指して髪を染めることを止めはじめて数ヶ月の頃、断念してまた染め始めてしまう人は意外と多いです。

当時はまだヘアカラーをやめたばかりでしたので、ひとまず気長にグレーヘアを育てていきましょうという方向でした。この頃は伸びてきた境い目を薄い色のヘアマニキュアでぼかす方法で乗り切りました。

ぼかしたい部分を、細く縫うようにすくい取って(ウィービング)薄い色をつけます。もともとトップに白髪率が多めの方で明るい、淡い色をオーダーされていました。

 

施術後の写真です。伸びてきた境い目のくっきりしたラインが目立たなくなりました。染めた部分との境目がはっきりしていると、そこに視線が向いてしまいやすいので、ぼかすことで境目の存在感を中和しています。

頭の下半分はもともと白髪がない部分ですので黒っぽく見えます。

 

 

2020.10月末グレーヘア移行期1年3ヶ月後|ちょっと気持ちの変化が起こりました

その後2ヶ月おきくらいのペースでカットマニキュアでのぼかしを繰り返しました。グレーヘア移行中半年くらいの時期、ある程度自毛の白髪の割合が多くなった段階で「やっぱり完全にグレーヘアではなくほんのり色がほしい」と言う気持ちの変化がありました。

 

そこで、髪のごく一部をすくい取って染めるウィービングという方法を使い、グレーヘア(白髪)を生かしてほんのり色味を添えるデザインをご提案しました。

 

下の写真はは先日、2020年10月末のご来店時のものです。外出自粛などもあり伸びてしまったので、まずカットをします。

カット後、ヘアマニキュアで染めたあと、シャンプーします。ホイルワークという技法を使うので染める分量が本当に少ないので、アルカリカラーに比べるとダメージがほとんどないこともメリットです。

仕上がりのようすです。美しいグレーヘアを生かしつつ、ほんのりやさしい色味を筋状にブレンドした大人の可愛らしさもあるヘアスタイルです。

 

グレーヘア移行期によくある気持ちの変化と気づき

グレーヘア移行期の揺れ動く気持ち


画像出典:Canva

今まで数々のグレイへア(グレーヘア、白髪)移行期にあるお客様の気持ちをお聞きして来ました。

「ヘアカラーをやめて、グレーヘアにしてみよう。」と決心して数ヶ月、半年くらいなんとか乗り越えてきたあたりで、多くの方はグレーヘア計画を続けるか、やっぱりヘアカラーするかという気持ちの分岐点に立ちます

 

グレーヘアに挑戦しているけど、実際に白髪になった自分の姿を見ないとなかなかイメージしにくいものですよね。

「やっぱり白髪を染めていたほうがいいかも・・・」という人もいるし、

「いや、このまま完全にカラーをやめてグレーヘアにしよう」という人もいます。

今回の例のように、グレーヘアそのものは自然でいいと思いうけどほんの少し髪に色のアクセントがほしい、そんなときにヘアマニキュアを使ってほんのわずかに色味をプラスする今回のデザインがダメージも少なくおすすめです。

 

グレーヘア移行期のうれしい気付き

本来の健康な髪と再会できる

また、グレーヘア移行期に、本来のまっさらな自分本来の髪の健康さやツヤに驚く人も多いです。髪がぱさつくのは年齢のせいだけではなくやはりアルカリカラーなど薬剤のダメージによる部分も多いです。

せっかく未加工の健康な髪を取り戻したので、せっかくなら極力ダメージさせない方法でグレーヘアを美しくしたいものですよね。