「私アレルギーかな?」アルカリカラーにかぶれる・かゆみが出る人へ

2020年、現在ヘアカラーをしている人の人口は1855万人ともいわれています。(参考:理美容ニュース)

 

私のサロンのお客様の中でも、カラーをしていない素髪の方は数人です。

 

10〜20代の方たちの中ではブリーチを多用した高度なサロンサロンカラーが一般化してきており、30代以上の白髪を染めるカラーを必要とする世代の方が圧倒的にカラー回数が多いのは事実です。

 

今日は今一度アルカリカラーとカラーとかぶれ、アレルギーについて、パッチテストの方法についても合わせてご紹介します。

 

アレルギー性接触皮膚炎と一時的接触皮膚炎の違い

一般的に「かぶれる」というと、皮膚に何かしらの炎症や湿疹などが現れ、痒かったりヒリヒリしたりするようなことを指す場合が多いですよね。

 

カラーのアレルギー症状の例

実は、私は幼少期から喘息とアレルギー体質を持っていて4〜5歳ころ肺炎になりかけたり、発作に苦しんだりしていました。

 

そして美容師になったあとも想像通り薬剤のアレルギー反応との共存の日々でした。

 

まず、ヘアカラーに対してのアレルギー症状の例を以下にあげます。私も頭皮にカラー剤がつくと同様の反応が出ます。

 

・帰宅して寝る頃など、カラーしてから時間が経ったあとジリジリと頭皮が熱っぽくうずいてきて、徐々にしつこいかゆみが収まらなくなる。

・そのかゆみが酷く、数日、1週間くらい続く。ひどいときは掻きすぎて頭皮から汁が出てくる。蕁麻疹が出る場合も。ボコボコと皮膚が盛り上がってくる。

・頭だけではなく、洗い流す際に耳の裏や首筋、フェイスラインについた溶液にも反応。耳が焼けるように痒くなり、首やフェイスラインも同様。腫れてくる。

・長期間繰り返し使用していると、手からの接触でも顔や背中、胸など接触していない部位に痒みが出たり腫れたりというケースも。

これらは、ジアミンアレルギーなど、カラー剤の成分の中のなにかにアレルギー反応を起こしている人に起こる症状の例です。私もすべて当てはまります。

 

カラーの一時的接触皮膚炎の例

次にアレルギー性のものではなく、一時刺激性皮膚炎の主な症状をあげます。

・カラーを頭皮に塗っている最中や直後すぐ、しみる、じわじわ熱い感じがする、痛い、ヒリヒリするなど。
・帰ってからかゆいなどは気にならない。1〜数日で症状が収まる。
・接触した部分だけに反応が出るケースが多い。

現代人は特にきれい好きでシャンプー回数も多いため、頭皮の皮脂が洗い流され過ぎている方も少なくありません。そういった頭皮は、保護バリア機能が弱くなっているためアルカリ剤や過酸化水素など刺激性のある薬剤に皮膚が反応しやすいです。

 

また、まれですが塗布してすぐに反応が出ることがあります。以下のようなときはすぐヘアカラーを洗い流し、医療機関を受診してください。

 

【こんなときはすぐ病院へ!重篤なアレルギー症状】


アナフィラキシーショックで起こる症状の例(ヘアカラー以外も、薬剤や食べ物なども含め)

まれに呼吸困難、めまい、意識障害、血圧低下など)蕁麻疹、アレルギー性鼻炎、気管支喘息などの症状が出る重篤なケースがあります。

 

アレルギーではなく「しみる」人への簡単にできる対策

いつもしみるのが苦痛な方、刺激の少ない他のカラー剤に変える方法が一番良いのですがすぐにできないときは以下の方法をお試しください。

【頭皮がしみないための対策】
・カラーする1〜2日前から湯シャン(シャンプーを使わない)にする。
・浮かせて塗布してもらう

肌につけないで塗布してください、というのはとても美容師にオーダーしにくいお気持ちもあるかと思いますが、一番効果的です。

 

初めてのサロンに行くときは必ず、アレルギーの疑いやそれらしき体質を持っていることを美容師に伝え、遠慮せず「頭皮につけないで」「浮かせて」塗ってほしい、とはっきり伝えることが重要です。その前にパッチテストをさせてもらうと安心です。

 

浮かせて塗るときも100%非接触にすることは不可能ですができるだけ頭皮に接触しないよう塗布したほうがしみる辛さを避けることができます。

 

ヘアカラーでかゆみなどが出た場合

一度反応が出た場合は、無理をして続けるのはよくありません。繰り返すことで顔が腫れる、アナフィラキシーなど重度なアレルギー反応が起こると命に関わることもあります。ノンジアミンカラーや、ヘアマニキュア、化粧品分類のカラーなどに変えるなどの代替案があります。

 

※初回ご予約時にパッチテストについての詳細をご案内しております。

 

48時間経過を見るパッチテストをご希望の方は、初回はカットのみ(もしくはテスト液塗布のみ)でパッチテスト液を塗布しそのままお帰りになったあと48時間経過後に反応が出なければ再来店、施術となります。

 

(現在ご来店中のお客様も、ご希望があればいつでもパッチテストは可能です。厳密には皮膚反応の診断は美容師は行うことができません。医師ではないので「診断」という行為は法律上できないためです。

市販のカラー剤のパッチテストと同様に美容室でご提供する薬剤をご自身で皮膚の状態を確認する形になります。

 

前回のカラー後に少しでも痒みや異変を感じるようでしたら、次回以降は使用を中止します。

 

 

アレルギー対策・アルカリカラー剤以外のヘアカラーに変える選択

アルカリカラーにかぶれる、アレルギーが有る人は、メーカーを変えても同じような原料が配合されていますので高確率でアレルギー反応が起きます。

 

本来、アレルギー反応が出る人は次以降は同様のカラーをしないのが基本です。

 

しかし、白髪などやむを得ず染めたい方はアルカリカラーではない化粧品分類のカラー剤を試してみることで、アレルギーなどの反応が出ないこともあります

 

化粧品タイプのサロンヘアカラーの選択肢

 

ヘアマニキュア(酸性カラー)

ヘアマニキュアは、髪に入って色素を脱色して明るくすることはできませんが、髪表面近くに染料が着色するものです。頭皮に薬剤をふれさせない塗り方なところがいちばんのメリットです。

 

またアルカリやジアミン、過酸化水素なども配合されていません。ただしアルコールに過敏な方は様子を見て使うことをおすすめします。

 

毛髪のダメージも、アルカリカラーと比較すると少ないです。パッチテストは不要です。(体質に合わない場合は使用を中止します)

 

ヘナ(100%ヘナでジアミンなどの化学物質を含まない高品質なもの)

ヘナって聞いたことがありますか?オレンジ色に染まる、といったイメージを持っている方もいらっしゃると思います。

 

日本の美容業界においてのヘナはどのサロンでも扱っているわけではありません。利便性や色の表現性からアルカリカラーをはじめとした化学物質のカラー剤でのメニュー展開がいちばんメジャーです。

 

アルカリカラーのように短時間で染まるものや、一回の使用で黒っぽく濃く発色するものの中には、ジアミン系化合物など発色をサポートする材料がごくわずかに添加されているというケースもあります。

 

それを理解していて最小限の化学物質を使っていても早くしっかり染まることを望む人には良いのですが、100%ヘナを求めていてアレルギーや皮膚、からだに害の少ないものを求めている人が知らずにこういった商品を使う際には気をつけたいものです

 

サロンでヘナを行うときは安全で信頼できるヘナを使用している美容室を選ぶことがかなり重要です。

 

ヘナはカラーではない

ヘナは自然の植物色素(ローソニア)を利用して染まることをヘアカラーに応用したもので、ヘアカラーではありません。化学物質でできたアルカリカラーなどに比べると、発色に時間がかかりますが、長期的に見るとダメージもなく髪のケア性にはとてもすぐれているのが特徴です。

 

黒い髪を明るくすることはできません。また植物にかぶれやすい人などヘナやインディゴに対してアレルギーがある人は使用できません。ご使用前は必ずパッチテストを行います。

 

 

究極のアレルギー対策は染めるのをやめてグレーヘアにすること

近年社会的に取り上げられるほどグレーヘアにすることはファッションの一部になりました。

 

芸能人の方でも幅広い世代で男女問わず自分の白髪とセンスの良いカットのデザインが似合っている人を見かけるようになりました。

 

究極のアレルギー対策はやはり染めないことです。美容師は仕事が減ってしまうのですが。

 

染めるのを潔くやめるという決断は誰にでもできることではないのですが、新しい価値観のファッションライフを楽しめることでしょう。

 

素敵なグレーヘアはきちんとしたカットと丁寧なお手入れありきです。きれいでいることを放棄することではありません。

 

カラーのパッチテストでアレルギー反応をチェックする方法

アルカリカラーにかぶれてしまった、アレルギーかもしれない方はカラー剤のタイプを変えてみようと美容師に提案されることが多いです。またはご自宅でホームカラー(セルフカラー)をしている人は、箱にパッチテストについての注意書きがあるのをご存知ですか?


画像出典:Canva

まず、使用してアレルギーやかぶれが出たカラー剤は、次からは使わないようにしましょう。箱をとっておいて皮膚科を受診するときに医師に見てもらっても良いです。必要に応じてアレルギーの検査をしてくれることもあります。

 

基本的にアルカリカラー、酸化染毛剤、2剤式カラーなどと書いてあるものは同じ分類ですので使わないようにします。

 

ヘアマニキュア、カラートリートメントなど化粧品タイプのカラー剤で対応したほうが比較的リスクが少ないです。

 

①使う薬剤を少量腕の内側など皮膚の薄いところに塗る。綿棒を使うと塗りやすいです。

②10円玉くらいの面積に塗って、乾くまで放置。(乾ききったら軽く水で湿らせたティッシュで拭き取ってOK、赤くなるほどこすらないで)

③直後、赤みが無いかチェック。ここで痒かったり赤かったりしたら染めるのはやめましょうというサインです。

④なんともなかったら24時間、48時間後もチェックして以上なしなら染めてOK。

※絆創膏などで覆う方法も聞いたことがありますが、絆創膏にかぶれる反応が出た場合、混同されやすいので私ははらないやり方にしています。あくまで私の経験でのコメントです。

アレルギーが有る人の大抵の場合は塗布して乾くまでの一回目のチェックですでに反応が出るパターンが多いです。私も、1時間以内にかゆみと赤みが出ることが多いです。下の写真はわたしがパッチテストをしているところです。インディゴ染料という植物性の染料を調べました。

カラー剤を塗った直後。

1時間後、薬剤が乾いて拭き取ったあと。発赤とかゆみが。

実はこの数日前にインディゴでヘアカラーをしたところ若干かゆみを感じたため、「多分アレルギーだな」と予感してチェックしました。結果、少し反応が出ました。

 

ヘナ100%の方は問題なしでした。このように、化学物質であるか、植物原料かは関係なくまれにアレルギー反応は起こりえます。また同じ薬剤やハーブでも全く反応が出ない人も大勢いらっしゃいます。

 

 

いちばんのアレルギー対処法は原因物質に接触させないこと

食べ物にしても、カラー剤にしてもアレルギー反応を起こさせない最良の方法はアレルギー原因物質に接触しないことです。残念ながら薬などで治るものではなく、からだが異物の侵入を必死に拒む反応なので、嫌がるものを取り入れないことが対策になります。アレルギーに関しては美容師によって情報量と経験値、対処法の差がありますので信頼できる美容師のもとでサロンカラーをするのが安心です。